2007年03月14日

鈍感力

話題らしいね。
最近、自分が何に対しても生真面目に考えすぎて、手を抜けなくって悩んでいたところに、ズバリ直球ストライクど真ん中!って感じ。
「何にでも一生懸命に対応すれば結果はでる」とか、「手を抜いた分だけ、自分に損失として返ってくる」みたいな強迫観念がいつもあって、適当に物事を扱えなくなっていたのです。(適度に、丁度いいくらいに頑張るってことが出来ないって感じ。いつも全開!っていうか・・わかるかな〜?)
そんな考え方に体を動かされていたような・・
確かに正論は正論、でも、正しいことだけが正しいわけではないし、自分の常識は他人の非常識みたいな場面もあるわけさね。
で、息抜きも必要じゃないかな〜なんて。
今年に入ってからは一度も丸一日休みをとってないし。
休みでもとって、一日中ゴロゴロしながら鈍感力でも読んでみようかな〜〜〜なんてな。
でも、今度は「鈍感になれ〜鈍感にならなきゃダメだぞ〜〜」みたいな強迫観念に支配されたらどうしよう・・・
極端なんだよね、オレ。
おもしろいな、オレ。
かわいいヤツだよ、ほんと。
ハハハ・・・
脱力。
posted by moezo at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

ヘビーだな・・・

最近の自分の投稿記事が重い気がするぞ。
気分が重いからだな、きっと。
うんうん、間違いない。
いろいろあんのよ。
あんまり明るくないです、今の自分。
ネタがない。
あるけど、愚痴しかないわ。
ゲレンデ行きたい!
posted by moezo at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

話題のイジメ

最近話題のイジメですが、デリケートな問題と思います。
一番問題なのは、「いじめてる側」が、明日には「いじめられる側」になる可能性があることなんじゃないかと。
つまり、理由なんかないのではないかと、そう思うわけで。
殴ったら痛いのを知っているのは、殴られたことがある人だけ。
でも、たいていの人は殴られたら痛いことを想像できるだろう。
だから、むやみに人は人を殴らない。
この想像力が、実は一番大事なのではないかと思う。
大人も同じ。罪を犯したらどうなるか想像できる人は、罪を犯すことを恐れるだろう。
もちろん、普通の精神状態であることと仮定しての話だけど。
いじめられた側の気持ちを想像してみることが出来れば、いじめないのではないかと思う。
「いじめられる方にも問題があるのでは?」なんてバカなことを言うヤツがいるが、有り得ない。
なぜなら、殺人者がいない限り、殺人被害者は出ないから。
たったそれだけの、単純な話です。
賛否両論ある、いじめに加担した生徒の出席停止について。
出席停止が良いか悪いかは別として、他人に嫌な思いをさせたら、ちゃんとその責任を取らせるべきに思う。
マスコミは、教育委員会やら学校長やら被害にあった子の親に取材に行くだけ。
当事者は、人を殺してしまった意識があるのかどうか、その後、加害者側の親にはどんな指導をしたのか、当事者である子供にはどういう指導をしたのかなど、問題の解決に一役買おうという姿勢もみられない。ただ単に、叩くだけ。
これだと、いじめて人ひとりを殺してしまっても、問題にされて叩かれるのは学校と教育委員会だけって考える子供がいても不思議じゃないんじゃないかな。
つーか、そう思って当たり前な気がするな。だってさ、いじめしちゃうような子なんだから。
やっぱ、子供だろうと大人だろうと、犯罪を犯したら何かしらの責任を取らせないと。子供だからこそ、理解させておかなければいけないことなんじゃないかとも思うし。
昔の先生は怖かったな〜。

学校には全面的に非はあるんだろうか?
教育の現場は、学校だけなんだろうか?
家庭や地域などは、教育の現場ではないのだろうか?
「しつけ」は教育の一部?学校で教える事?家庭で教えること?
もう一度、自分も良く考えないといかんな・・・

阿倍君さぁ、愛国心の教育を義務付けるまえにさぁ、道徳心をもっと育てる方向でいこうよ!
憲法九条を改正する前に、平和っていうのが何なのか、教育指針に盛り込みましょうよ!
イラクで何が起こっているのか、戦争の原因は何だったのか、そして、その解決方法は何なのか。
もちろん、イラク戦争の実態についての教育も、義務化の方向で。
無差別に殺されたからという理由で無差別に殺し返すのと、いじめられたからという理由でいじめ返すのは、いったいどう違うのかっていうことも、大人が説明できない事を子供に教えられるかっていうことも、きちんと考えてほしいです。

やっぱね〜〜〜大人が全部悪いんよ。
ほんと、大人はウソつきだからさ。
posted by moezo at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

たかがテレビ、所詮テレビ・・・

たかがテレビ、されど・・・じゃないよ!
やっぱり「あろあろ」の一件で分かったよね。
テレビなんて、所詮はテレビなのさ。あの事件が全て。
結局、何でもアリなわけさ。
おかしいこといっぱ〜〜い!
Aというドラマが始まるとして、朝から出ずっぱりのウンコ俳優やウンコ女優が番宣を繰り返しやるわけで、しかし、まさに今、番宣をしている番組のスポンサーは、Aというドラマのスポンサーではないわけで・・・つまり、自分がスポンサー契約をしてお金を出している番組で、他のスポンサーの宣伝をされるというのは・・・何かおかしくないか?
で、N○Kも、やはりおかしい。
前にも書いたことあるけど、国から予算をもらって番組を作っている放送局が、内閣や官僚の批判なんて出来る訳がないし、中立な立場での報道なんて出来る訳がないのだよ。
一度でも、現在のイラクの真実でも伝えてみろって思う。
国民から金を巻き上げて、本当に国民が知らなければいけない事には触れもしないとは何事か・・・しかも、明らかに意図的に。
「報道の自由・言論の自由・報道規制の禁止・知る権利」なんて、きっと何の事を言っているのかが分かんないんだろうね。
ま、報道するかしないかって事も自由ってことなのかもねー。
知らせる義務ってのは感じないのかい!って思うけど。
○○ブームが来ている・・・とか、良くTVで見たり聞いたりしますが、勝手にテレビで言ってるだけのことで、お笑いブームにしても「セレブ」とかいう言葉にしても、本当になんとなく勝手に適当に言ってるだけ。
特に「セレブ」なんて、本来の意味を知っている人はどれだけいるのかな〜〜と思う。元々は、メディアでもよく扱われるような有名人のことを欧米では「セレブリティー」と呼んでいたんだけど、日本では完全に雰囲気だけで間違って使われてるようだし。
視覚と聴覚の両方にに訴えるメディアなので、視覚だけの紙ベースのメディアや聴覚だけのラジオなどに比べると、同じ内容でもインパクトが大きく感じ、より強く印象に残るので、明らかにおかしい内容でも繰り返し繰り返し放送することで、視聴者の脳味噌には真実であり正しい事としてすり込まれていくんだろうね、きっと。
あら、マスコミがさんざん叩いたオウムと洗脳の手口が一緒じゃないの・・・
みんなも「たかがテレビ、所詮はテレビ、バカ集団の基地外メディア」ということを頭に置き、テレビ番組にドキュメントなんて有り得ない、全ては筋書きによるものだーね!程度に見てもらいたいわけです。
報道番組に良く出てくる局独自の意識調査なんて、所詮は局の都合によって結果が変わる、真実とは遠いものでしょー?
編集とは、その時の都合にあわせて切って繋げば、真実さえも曲げて見せる事ができる、まさに魔法の作業。
ってな感じで、報道番組もドキュメンタリー番組も、全てフィクションだと思って、思いっきり斜めに構えて適当に目を細めて上から見ましょう。
所詮はテレビなんてウンコメディア、正面からキッチリ見るようなモンじゃないっす。
あ〜〜!なのにホントにイラネー!!地デジ!!
ウンコ局が適当に作ったウンコ番組なんて、別に細部まで詳細にクッキリでなくても、色鮮やかじゃなくても全然OK!
臭いも形も色も、別にキッチリ伝わらなくてもよろしい。
NHKが地デジチューナーを全戸に無料で配りやがれ!!
やって当たり前だろ、それくらい。
オレは太田総理とTVタックルさえボンヤリと見れて、それなりに内容が分かれば充分。
ま、ずいぶん長々と書きましたが、言いたかったのはそういうことです。

君はテレビ見てて「クダラネー!」って思ったことはないかい?あるだろ?
「アッコにおまかせ!」や、亀打算鏡台の「筋書きのあるボクシングショー」を見たことがあるなら、必ず「クダラナイぞ・・・なんじゃこりゃ〜!」と思ったことがあるはずさ。
どう?思い出せたかい?
あるの?ないの?

「あるある!!」

ほ〜〜ら、やっぱりね・・・
ウンコテレビなんか見てるヒマがあるなら、ダイエットのために納豆たくさん食っとけよ〜〜〜!
テヘッ♪
posted by moezo at 04:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

Where do you come? When is it?

ここ何年か、お正月気分というものを味わったことがない。
良いのか悪いのか、きっといいことなのだとは思うのだけれど。
なんとなく、子供のところにサンタさんが来ない気分というか・・・
お正月は、いったいどこからやってくるのかな〜?
そして、それはいつなんだろうか?
誰かお正月について何か知ってる方がいらっしゃいましたら、お手数ですが教えてください。
ちなみに、私のところにはまだ来てません。
posted by moezo at 20:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

おけましておめでとうございます

と、新年の挨拶なんぞしてはみたものの・・・
きっと誰も見ていないのだろう。
早過ぎる新年の到来でございます。
気が付いたらアナタ・・・
ここ書き始めてから2年半。
そして、書いた回数は数回。
で、過去ログをツラツラ〜っと読み返してみると、稚拙でワガママな事を書きなぐっているわけで。
さて、今年はどうなることやら。
正月休みは12月31日だけでした。本日1月1日からお仕事してきました。
なんだか・・良いスタートなような、今年も休みはネーのかよ!なような・・
ま、とりあえず、今年のシステム手帳と名刺入れを新調してみた。
なんとなく、気分が良いですな。
今年一年、仕事が切れずに続きますように!
皆様にとっても良い一年になりますように!
誰も見ていないと思いつつ、とりあえず書いてみた。
posted by moezo at 00:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

ゲーム嫌いだ。

世の中さ〜、一家に一台、いや、一人一台の割合でゲーム機を持ってるのが常識のように言われてますけど・・・
ゲームは嫌いなんだよな〜〜〜!
あんなの何が面白いんだろう・・・う〜〜〜ん・・・
例えばさ〜、スノーボードのゲームあるじゃんか。
転んでも転んでも痛くないし、寒くも何とも無いし、風さえも感じないんだよな〜〜。
バイクのゲームあるじゃんか。
転んでも転んでも痛くないし、バイクも壊れないし、風さえも感じないんだよな〜〜。
ゲーム好きの人に言わせると、転んでも痛くないし、寒くないし、家に居ながらにして、とりあえずは色んな体験をした気分になるそうで、それが良いんだそうな・・・
わかんねぇ・・・・全然わかんねぇなぁ・・・・
「家に居ながらにして」これがもうダメ。
「何かをしに、気の合う仲間と、か、たまには一人で何処かへ向かう」これがもう、まずは楽しみなんじゃないかい?
転んだら痛いからこそ、何度もゲレンデに通って練習するし、壊れたり事故を起こさないように気をつけて安全運転しながら、気温や風景の変化を体で感じるのが楽しいわけ。
で、「ちょっとの時間に楽しめるから、実際にゲレンデに行ったり、バイクの免許を取る時間もないからゲームで我慢するのさ・・・」
「野球好きだけど、草野球チームは近くにないし、何しろ草野球に参加する時間が取れないし・・・。」
ますますわかんねぇ・・・単にやる気の問題じゃねーか・・・
ゲームするヒマがあるってことは、その時間、他に何にでも使えるだろ・・・
とにかく、バーチャルくそくらえって感じ。
何だって、汗をかいてこそ!なのだ。(冷や汗を含む)
ま、事情があって外出できない場合のストレス解消や、スポーツ選手なんかのイメトレにはいいかもね〜とは思ってんだけどね。


ま、そんなオレの娘ですけど、ええ、しっかりDS持ってますよ
しかし、ほとんど使ってないようです。
そんなヒマがあったら、公園その他の屋外で遊びたいらしい。
う〜〜ん、やっぱオレの娘だな!えらいぞ!

「遊びに行く前に宿題してから行け!」って言ったら、「帰ったらすぐやるから、今すぐ行かせろ!外で遊べるのは明るいうちだけだけど、宿題は外が暗くなっても家の中で出来るんだから!時間までに必ず帰ってくるから!」と、素敵なタンカをきって家を飛び出して、門限をすこ〜し破って帰ってきて、しかも、クタクタに遊び疲れて腹も減って、もう全然宿題どころじゃなくって、メシ食って風呂から上がった時点でウトウトしてて、案の定、宿題は完全放置で、次の日の教科書の準備もしないで、こっちが怒ってるそばからイビキかきだして寝てるとしても、それが日常茶飯事だとしても、家にこもってゲームばっかやってるよりはマシ!!
だと思うんだよな・・・・
う〜〜ん・・ど〜かなぁ〜〜・・・・微妙・・・

何が言いたかったのか忘れた・・・・
posted by moezo at 05:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

すっげー久々!

え〜〜〜、全国1億2千万人のMOEZOファンのみなさま、お待たせしました。
お久しぶりに登場です。
多忙のため、また雲隠れさせていただきます。
またお会いしましょう!
そうそう、長い間ご愛顧いただいておりましたGO−TECですが、ついにサーバーからデリられましたので、皆様との接点は、この全国紙である放置新聞のみとなりました。
あ、そう?寂しくないの?あ・・そう・・・
シクシク・・・・
じゃ・・・
posted by moezo at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

子供ってスゴイな・・・

うちの娘が書いた詩らしい。
学級だよりに載ってたのを読んで、ちょっと驚いたわ。


「川の小石」

川の小石はきれいだな。
丸いつやつやした石だ。
みんなで川をせおってて、
岸のお花にほほえんで。
そうしてきれいになっていく。


いま4年生なんだけどさ、我が子ながらアッパレだ。
この5行の中に、川の中の様子や川の音、岸辺の情景、あくまで透き通った水の色など、想像をかきたてる要素がぎっしりと詰まってて、間接的な表現や擬人法などが巧みに組み合わさっていて、すっげー完成度高くねーか???
「みんなで川をせおってて、」この部分が一番好きかな。
これ、大人では書けないかも。
将来、娘が大人になったとき、果たして「川の小石」になっているだろうか。
そうあって欲しいな。

あぁ・・・久々に親バカでした!!
ハイハイ。
お疲れ〜〜〜!
posted by moezo at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

明日は休み!

明日は休みです。
今月はがんばったな〜!!
GWは、3,4,5日のうちの2日間は休めそうです。
うれしいな〜〜〜!
皆さんも楽しいゴールデンウィークを!
posted by moezo at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。